環境への取り組み

TOP →  Fun to Share

fun to share

Fun to Shareに賛同しています。

地球温暖化の原因になっているCO2発生量の抑制など、自然環境の保護や省エネルギーに取り組むことは、今や
企業の社会的責任でもあります。
当社では、2008年4月に「チーム・マイナス6%活動」の参加企業となるとともに、太陽光発電、省エネ提案、見える化
工事等の地球環境に配慮した事業展開を行ってきました。
現在は「Fun to Share」の活動に賛同し取り組みを行っています。

環境活動

環境活動の歩み

写真

2008年4月16日 チーム・マイナス6%事務局へ参加申請
2008年4月25日 チーム・マイナス6%活動参加企業の承認
2008年4月 毎月1回「六晃チーム・マイナス6%News Letter」を発行
2008年6・7月 環境省からの呼び掛けで行われた
「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」に企業参加
会社より社員1人に1個、キャンドルを支給
2008年12月 2009年の年度目標に[六晃チーム・マイナス6% 省エネ提案企業(地球に
人に思いやり)」を掲げ、社員全員が自分で行う目標を発表
2009年6月 「エコキャップ運動」に企業参加
エコキャップの回収を開始
2010年1月 チーム・マイナス6%キャンペーンの終了に伴い、社内報の名称を
「六晃Eco News Letter」に変更し年4回発行
2011年6月〜9月 政府の節電対策発表に合わせて、社員のスーパークールビズ、
エアコン設定温度の管理、卓上扇風機の導入等の活動実施
次年度以降も実施と決定
2014年9月 「エコキャップ運動」開始時よりの累計個数が34,126個で42人分の
ワクチンとなる
2014年11月 「Fun to Share」事務局へ賛同申請
2014年12月 「Fun to Share」賛同企業の承認
        〜常に出来る事を考え提案実行中!!〜

見える化工事の推進

個別に使用量を把握することで、全体の効果を上げる

効果的な省エネルギー活動を実現するためには、エネルギー使用量の実態把握(見える化)が欠かせません。それには、全体の使用量把握だけでなく、設備やライン部門・課毎に使用
エネルギーを把握することにより使用の効率化が図れます。

図






















気温とエアコンの使用電力を見える化して使用電力と気温の
相関関係を把握。
12時間・日・3日・週・月・年の切り口による豊富な分析メニューと
リアルタイムのデータ更新が可能です。

工場のライン設備等の「見える化」

1時間または30分ごとの計測データを収集。毎日および1月単位での最大値・積算値・平均値などの月報を作成し、どのように改善すれば電力量(CO2)が削減できるかを提案します。

メーカー・機器の推奨

一口に電力監視収集ユニットといっても、いろいろなメーカーのものがあります。当社では、お客様が望まれるデータ収集方法・収集点数・コスト等を検討し、その条件に適したメーカー・機器を選んでご提供します。

会社の環境方針

○ 省エネルギー・省資源活動の推進
○ 廃棄物の発生抑制リサイクル活動の推進
○ 環境負荷の低減に配慮した材料・物品の調達(グリーン調達)

環境への取り組み

fun to share

見える化工事

fun to share関連リンク

ページの先頭へもどる